ブログには書けない、、

※今日の内容は結構、、“アレ”なんで、、
今まで以上にスピリチュアルな内容なので、
本当にこれ系嫌いな人は読むのやめていただいてかまいませんm(_ _)m


1日たって時間が経つにつれて、フワフワしてた記憶がだいぶ鮮明に蘇ってきたので書き記しておきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それじゃあ。はい。

どもー。
武晴です。

『特別企画〜アナタの旦那と飲み明かしたい!〜vol.1』


という勝手な企画ネームを今つけたんだけど(笑)、旦那というか家族同士でメシ食おうよ!お酒飲もうよ!

っていうことを去年からずっと話してて。
でも ことごとくタイミングが合わなかったり予定入ってポシャったり。

そんな、ずっと会いたかった人とようやくお会いしてきました。

ゆるヒーラーちぇどん。

どーん。笑


なんかあんまり久しぶり感無かったんだけど、実はこの日以来ずっと会ってなかったんですよね。笑
⬇︎⬇︎⬇︎
これもう1年半も前の記事よ。
なんだかんだで超久しぶりの再会(笑)


最近僕はやたらスピづいてるけれども、
もともとは この日がきっかけだったんですよね。
(てか何度も言うけど、好きなだけであって不思議な能力とかが僕にあるわけではない)

とにかくこの時に、
「こーゆうのって本当にあるんだな」と。
体験して思ったわけで。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて。

ようやく念願叶って一緒にお酒飲んだわけで。んでもって超〜楽しかったわけだけど、

ちょっとだけ、、

凄い、体験を、、させてもらってきました。

これはね、あんまり詳しく書けないんだけど。凡人の僕にはかなり強烈だったもので。

さすがに人生観変わるわマジで。笑

こう書くとコイツいよいよヤバいなと思われるかもしれないんだけど、凄〜くザックリ書くと、

次元の違う世界
(といえば良いのか?)
ヒーラーさん達が見てる所
(といえば良いのか?)

を、少したけ覗かせてもらったというか、お邪魔させてもらったというかなんというか。。

上手く説明出来ないけど、そんな感じ。笑

詳しい内容は書けない。ホントに。
というか僕が書くことじゃない。

だけど、ここ数年で、、というか下手したら今までで、一番の衝撃かもしれない(笑)

なんか手組んじゃってる。笑

ちぇどん先生が面白くて分かりやすい例えを出してくれたんだけど、

僕は、ドラゴンボールに出てくる
『精神と時の部屋』
のような所にいたんすよ。笑
(ドラゴンボール知らない人はゴメンだけど)
ちなみにこんな建物はなかった。


、、あ、いま

ヤバいーこいつまじヤバすぎるー!
って思ったでしょ。まぁそれは仕方ない。

でも先に「嫌いな人は読まないで」って書いといたから、今読んでくれてるアナタは大丈夫なのかな?笑

とにかくね、ホントそうなんだよね。精神と時の部屋(笑)まさにそんな感じなんだよな。

そしてその場所(?)もなんだけど、
“時間感覚”がまさに精神と時の部屋のような。。

というのは、その場所に僕は長い時間いたような気もするし、でもなんだか一瞬だったような気もするのね。
で、そこでとあるお方とお話をしてたんだけど、、、


、、いや。これ以上はやめときます。笑


だけど、3次元(と言えば良いのか?)の僕は、この状態で5分〜10分程度動かなかったそうな。笑
⬆︎これさっきと同じ写真ではないよ(笑)
ずっと。微動だにせず。周りからの問いかけにも答えず。
だったそうです。

しかも嫁いわく、僕は鼻水垂らしてたそうです。笑

とにかくこの、自分が感じてた時間の感覚が、現実の時間とはズレてたなと。


、、、、、。


あー。

もうね。凄すぎてホントはもっと書きたいんだけど、そうもいかないんだなー。笑

とにかくね、1年半前に
「こーゆう人って本当にいるんだな」
って思って、今度は昨日

「こーゆう世界ってマジであるんだな」


と。自ら体感して、確信に変わって。
もう本当、信じらんないんだけど、でも色んなことが本当に自分の身に起こってて。

信じる信じないとか。もうそんなレベルの話じゃないんだよな。

だって“在る”んだもん。

「アナタが今食べてるのは海老です。」
って言われて
「いや絶対信じねー!」
ってならないでしょ?
だってそこに海老天があるんだもん。

そーゆうことなんだよね。例えが変だけど。

まぁ、「これ本当に海老か?ザリガニじゃねーだろうな?」っていう疑いは、人によってはあるかもしれないけどさ。笑



まぁとにかく。こんな凄い体験をしましたよと。

だからといって、何が言いたいかって言われても、何ってことはなくて(笑)

色々感じて、その後さらに色々あって、
(あーもう伝わらんよね、こんなんじゃ。笑)

とにかく肉体の有難さ みたいなのは昨日とても感じました。
とりあえず “戻ってきたとき” の耳鳴りがハンパなかった。笑


んー。
1個だけ、書いちゃうか。笑



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〜途中から〜

あなたはいつもいるの?
いつもいる。
それっていつも俺と一緒にいてくれてるってこと⁉︎
いや。
あ、違うのね(笑) でも本当にいるの?
いるだろ、ここに。
ちぇちゃんに何か聞いてって言わたんだけど。。何聞けばいいかな。

※ここから先は削除しました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そんな話を。。

分かりやすく文字にするとこんな感じだけど、こんなあからさまな会話ではなかったです。もっというと「声」が聞こえたって感じでもなかった。

説明するの難しいな。


今回の件を通して、僕はまた変な仮説というか妄想が出来あがりました。
今から超アブないこと言うよ(笑)

えーとね。
「意識体」みたいなものが、存在するんじゃないかと。意識の塊とか、意識エネルギーとかでもいいや。
それがもしかしたら、魂というのかもしれないね。

で、その「意識体」が人間の身体に入った時(宿った時?)に、その人間の脳(思考)と組み合わさったものが、『心』っていうやつなんじゃないかと。

どう?結構ヤバいでしょー。笑
なんかこの体験をしてから、それをとても強く思ったんすよね。

例えば、今僕の身体に、全く違う他の意識が入ってきたとして、それは僕は僕なんだけど、でも俺じゃない。みたいな。笑

目の前にいる人を、“知っている”んだけど、
でも“分からない”みたいな。笑

まぁ。僕の妄想でしかないんだけどさ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


嫌なこともいっぱいあるけど、人間て面白いし楽しいよね。

そしてとりあえずもう、
何言ってるか分からないよね(笑)
俺ヤバいよな。

まとまらなくてどうしようもないし、誰かに対してのメッセージなんかも特にないけど。

でもこうやって“人に見られる場所”にあえて書き記しておこうと思った次第です。

僕のlifelog。

たまには過去記事見るのも面白いしね。
当時の自分はこんな考え持ってたんだなって思う。

今日の記事をいつか読み返した時、僕はどう思うんだろうなぁ(笑)


、、さ。お終いにします。

しっかし今日の本当ヤバいよね。ここまで読んでくれてありがとうございました。

そしてヒーラーちぇちゃん。彼女がいなかったら僕は“戻って”これなかったろうな。笑


いやー。
やっぱこの人凄いわ。。

それじゃあまた!
今日もありがとう。

愛してます。









0コメント

  • 1000 / 1000

TAKEHARU OIKAWA

・大工
・一級建築大工技能士
・二級建築士
・健康住宅アドバイザー